Windows XPプリインストールモデルの販売について

 

マイクロソフト社からアナウンスがある通り、マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシーに基づき、2014 年 4 月 9 日 (日本時間) に Windows XP Service Pack 3 (SP3)、Windows XP 64 ビット版 SP2 および Microsoft Office 2003 Service Pack 3 (SP3) の製品サポートが終了します。

マイクロソフト社からアナウンスされている製品サポート終了は、マイクロソフト社からのセキュリティ更新プログラムがリリースされなくなるという内容です。
弊社産業用パソコンは、マイクロソフト社の製品サポート終了後も提供は可能ですが、現行機種(Windows XPプリインストールモデル)の販売期間終了をもって、Windows XPは標準で選択可能なオプションではなくなる予定です。
(※各シリーズとも引き続き次世代機の販売は変わらず継続致します)

Windows XPが標準でプリインストールされていない次世代機をご使用いただく場合、お客様でWindows XPのライセンスを保持していれば、弊社産業用パソコンをOS無しの状態で選定して頂き、お客様自身でWindows XPをインストールしてご使用頂くことは可能です。
これは、産業用パソコンをOSなしのオプションで選定頂き、お客様の用意されたOS(Linux等)をインストールして使用頂くのと同様の扱いとなります。OS無しのオプションを選定頂いても、故障修理保証・技術サポートはOSプリインストールタイプと同様の対応を提供致します。
(※OSなしのモデルを選択された場合、ドライバソフトウェアはお客様にてご用意頂く必要があります)
(※お客様でご用意されたOSの技術サポートは実施しておりません)

 

Q1) Windows XPプリインストールモデルは販売を停止しますか?

A1) マイクロソフト社の製品サポート終了のアナウンスとは関係なく、現行世代の産業用パソコンの販売期間が終了すると、Windows XPをプリインストールしている機種は販売を終了する予定です。弊社産業用パソコンは3年から5年の販売期間があり、その販売期間内であればマイクロソフト社の製品サポート終了後も販売を継続致します。

 

Q2) もし販売を継続する場合、Windows XPプリインストールモデルはいつまで販売される予定ですか?

A2)  前述のとおり、現行のWindows XPプリインストールモデルは3年から5年の販売期間の間は製品を販売いたしますが、いくつかの機種については、販売開始より3年を経過しているものがあります。この機種については、2014年度に次世代機が発表される可能性が高い状態です。
(現行機までの販売実績からの予測となります。)

現行機種の販売終了前(半年~1年前)に次世代機のリリースアナウンス及び販売を開始致します。
次世代機のリリースアナウンスについては、Siemens本社サポートページにてご確認頂くことができます。

 

各機種の販売終了予定時期は下記となります。(2013年11月現在)

 

IPC427C 2015/01
IPC627C 2015/09
IPC827C 2015/09
IPC547D 2014/07
IPC647C 2015/10
IPC847C 2015/10

                                                                                                                                    (2013年11月)

このページの情報はお役に立ちましたか?