SIMATIC WinCC オプション

WinCC基本システムの拡張

システム拡張のためのオプション

WinCC/Server

最大冗長化可能な18台のサーバにそれぞれ最大50台のクライアントを接続することが可能です。


WinCC/Redundancy

Redundancyオプションは、二重化WinCC ステーションまたはサーバ間で同期を行い、常に一貫性が保たれたデータの保存を行います。サーバ故障時、クライアントから稼働中のサーバへ自動切り替えを行うことにより、監視および操作の継続を可能にします。


SIMATIC Process Historian

SIMATIC Process Historianは、WinCC V7やWinCC Professional, PCS7などさまざまなオートメーションのデータソース接続し、長期的にデータ保存するためのアーカイブサーバです。>SIMATIC Process Historianの詳細はこちらから(英語)


WinCC/Web Navigator

WinCC WebNavigatorにより、WinCCプロジェクトの変更なしで、インターネットまたは企業のイントラネットあるいはLANを介して工場のタスクを稼動し監視することができます。


WinCC WebUX

PCやタブレットまたはスマートフォンなどのモバイルデバイスを使用して、インターネットまたはイントラネットを介して工場のプロセスデータに柔軟にアクセスできます。 HTML5対応ブラウザを搭載したすべてのデバイスがサポートされています。


WinCC IndustrialDataBridge

データベース間のインターフェースを提供し、オートメーションとITとの接続を簡単に実現します。 インダストリアルデータブリッジは、独立して動作するWinCC V7オプションですがProfessionalにも使えます。


WinCC/Connectivity PackおよびWinCC/Connectivity Station

他のアプリケーションは、OPC HDA またはOLE-DB を介してWinCC アーカイブの履歴データへアクセスすることができ、OPC A&E を介してメッセージを伝送/受信します。さらにはOPC UAサーバとしても動作します。


SIMATIC Energy Manager PRO

SIMATIC Energy Manager PROはISO 50001に準拠したエネルギー管理をクロスサイトで行うソフトウェアです。、SIMATIC B.Dataの後継製品です。


機能拡張のためのオプション

WinCC/User Archives

ユーザアーカイブの使用をサポートし、それによりデータをデータレコードの形で保存し、WinCC とコントローラ(例、SIMATIC S7 PLC)間でレシピとしてデータ交換することができます。


WinCC/Audit

Audit TrailsおよびProject Versioning は、オペレータの動作記録、構成変更のモニタリング、および製造プロセスのトラッキングを行います。


WinCC/DataMonitor

最新のプロセスデータステータスおよび履歴データを表示また評価します。どのオフィスPCにもインターネットの使用が可能な標準ツールです。


SIMATIC Information Server

Microsoft Reporting Servicesに基づいて、レポートの作成と過去のWinCCデータの分析をサポートします。


WinCC/Change Control

WinCC/Auditの一部として、プロジェクトのバージョン管理、ドキュメント管理を含むプロジェクト変更のトラッキングを行います。


WinCC/PerformanceMonitor

マシンまたはラインを利用した製造設備のダウンタイムを取得して分析し、このデータから、Key PerformanceIndicators(KPI:重要業績評価指標)と呼ばれる工場固有のパラメータを抽出します。


WinCC/ODK (Open Development Kit)

オープンプログラミングインターフェース(C-API)を利用し、WinCC 構成ならびにランタイムシステムのデータおよび機能にアクセスすることができます。


このページの情報はお役に立ちましたか?