SIMATIC S7-1200 - CPU

 

モジュラー構造

S7-1200 Animation

S7-1200はモジュラー構造です。ユーザーの用途、アプリケーションサイズに合わせて柔軟に構成作成することができます。

  • ボードコンセプトにより、CPUの設置面積を増やさずにI/Oを増設することが可能です

  • シグナルモジュールは安全関連I/Oを含め最大8モジュール増設可能です


強力な内蔵機能

S7-1200の強力な内蔵機能は特殊モジュールを必要とせず実行することができ、
大きなコストパフォーマンスを実現しています。

PROFINET/Ethernet

S7-1200のすべてのCPUはPROFINETを内蔵しています。リモートI/Oの構築、他社PLCとの通信、無線制御通信を可能にします。

温度調節/PIDコントローラ

S7-1200は標準で温度調節/PIDコントローラを搭載しています。汎用アナログモジュールとの組み合わせで15ループ以上の温調/PIDを実行することができます。

モーションコントロール

内蔵のモーション機能とパルストレインアウトプット(PTO)を使用することにより、速度制御やステッパー、サーボを使用した位置決め制御が可能です。モーションコマンドテーブルが使用でき、プログラムはPLCopenファンクションブロックで行います。

ウェブサーバ

S7-1200のすべてのCPUはウェブサーバを搭載しています。ユーザーはエンジニアリングツールなく、CPUの診断情報、故障個所、I/Oチェックが可能です。

使いやすさ

エディタ間でのインテリジェントなドラッグ&ドロップ機能により、エンジニアは迅速な開発が可能になります。この直感的な機能により、時間を大幅に短縮し、全体のエンジニアリングコストを削減することができます。ロジック、HMIおよびネットワーク接続を共通のエンジニアリングフレームワーク内で行うことができます。ナビゲーション、アイコン、メニュー、すべての画面が共通化されています。これにより、それぞれのツールの操作方法を覚える必要がなく、保守もさらに簡単になるため時間を節約できます。


SIMATICメモリカード

S7-1200では必ずしもSIMATICメモリーカードは必要ありません。SIMATICメモリーカードを使用することにより、LCデータのバックアップとして使用することができます。万が一CPUが故障してもCPUを交換しメモリーカードを挿入すれば交換前のデータを引き継ぎ動作します。CPU交換にソフトウェアを必要としません。

Size

Design

Use

Article no.

4MB

3,3 V Flash

SIMATIC S7,
Memory card for S7-1X00,
CPU/SINAMICS

6ES7 954-8LC02-0AA0

12 MB

3,3 V Flash

SIMATIC S7,
Memory card for S7-1X00,
CPU/SINAMICS

6ES7 954-8LE02-0AA0

24 MB

3,3 V Flash

SIMATIC S7,
Memory card for S7-1X00,
CPU/SINAMICS

6ES7 954-8LF02-0AA0

256 MB

3,3 V Flash

SIMATIC S7,
Memory card for S7-1X00,
CPU/SINAMICS

6ES7 954-8LL02-0AA0

2 GB

3,3 V Flash

SIMATIC S7,
Memory card for S7-1X00,
CPU/SINAMICS

6ES7 954-8LP01-0AA0

32 GB

3,3 V Flash

SIMATIC S7,
Memory card for S7-1X00,
CPU/SINAMICS

6ES7 954-8LT03-0AA0


このページの情報はお役に立ちましたか?