SIMATIC S7-1200 - 通信

 

S7-1200でCANopen
CM CANopenを使用することにより、CANopenまたはCAN 2.0AデバイスをSIMATIC S7-1200 PLCに接続できます。S7-1200を使用してCANopen/CANデバイスと通信することが可能となり、アプリケーションの幅が広がります。

CANopenおよびCAN 2.0Aをサポート

CM CANopenモジュールは、SIMATIC S7-1200の通信モジュールデザインで設計されています。よって CPUにシームレスに接続することができます。

CM CANopenモジュールをS7-1200に取り付けた後に、TIAポータル®で設定を行います。設定後に、付属のCM CANopen Configuration StudioでのCANopenネットワークの構成が可能になります。

CM CANopenモジュールは、TIAポータルでマスタまたはスレーブのいずれかで構成定義することができます。構成を作成するためにプログラミングは必要ありません。

ハイライト

  • SIMATIC S7-1200 PLC用のプラグインCANopenマスタ/スレーブモジュール

  • マスターモードでは最大で16のCANopenスレーブを接続可能

  • 1つのモジュールに対して、256バイトの入力および256バイトの出力

  • 1つのCPUにつき、最大で3台のモジュールを接続可能

  • 3つのLEDにより、モジュール、ネットワーク、I/Oステータスに関する診断情報を提供

  • TIAポータルのコンフィグレーションスイートのハードウェアカタログに統合可能

  • カスタムプロトコルの実装で使用される、透明性の高いCAN 2.0Aをサポート

  • 付属のCANopen Configuration StudioソフトウェアでCANopenを構成可能

  • TIAポータルに用意されている既製のファンクションブロックにより、簡単にPLCプログラミングが可能

  • CANopen通信プロファイルCiA 301 rev. 4.2、およびCiA 302 rev. 4.1に準拠

  • 3年間の製品保証 *

Communication module *

Order at HMS Anybus:
No.: 0021620
CM CANopen-Modul, DSUB with screw connector for the subnet,
CD with CM CANopen Configuration Studio, USB-Configuration cable


注記*:

CM CANopenモジュールはHMSの製品であり、HMSからのみ取得可能です。

以下の説明には、シーメンスグループ以外のサードパーティ(「外部企業」)によって製造および販売される追加製品に関する説明が含まれています。これらの外部企業は、製品の製造、販売、および納品を独自に行っています。外部企業の製品には、取引や納品に関するこれらの企業独自の取引条件が適用されます。
これらの追加製品に関する責任、およびここに記載される関連情報に関する責任は、該当する外部企業に排他的に所在します。法的強制力の及ばない限り、シーメンスは外部企業の追加製品に対する法的責任を負わず、保証も行いません。「免責/ハイパーリンクの使用」に関する注記もご参照ください。

免責/ハイパーリンクの使用

シーメンスはこの説明の記載について、細心の注意を払っています。ただしシーメンスが、外部企業によって提供されるデータを完全に検証すること、およびそれらのデータが妥当かつ最新であるかを検証することは不可能です。このため、情報の各項目が不正確である可能性、または不完全である可能性、または最新ではない可能性を排除できません。法的強制力の及ばない限り、シーメンスはデータまたは製品の可用性に関してユーザーに対する法的責任を負いかねます。
この記事には、サードパーティのWebアドレスが含まれています。シーメンスは、これらのWebサイトに記載された情報を管理していないため、これらのWebサイトのコンテンツおよび情報に対する責任は負いかねます。また、シーメンスがこれらのWebサイトおよびそのコンテンツを採用・引用することはありません。これらのリンクはお客様ご自身の責任においてご使用ください。

このページの情報はお役に立ちましたか?