SIMATIC ET 200pro - CPUユニット

概要

ET 200proはインターフェースモジュールを介してPROFINETもしくはPROFIBUSのネットワークに接続されます。このインターフェースモジュールには、標準および安全の双方のCPU機能付きも取り揃えています。

インターフェースモジュールIM 154-8 PN/DP CPUは、S7-300シリーズのCPU 315-2 PN/DPをベースにしていて、同一の命令と機能を持っています。

フェールセーフインターフェースモジュールIM 154-8FX PN/DP F-CPUは、安全アプリケーションに対応しています。

両CPUは、次の通信インターフェースを持っています。

  • MPI/PROFIBUS DPインターフェース

  • 3ポート付きPROFINETインターフェース

IM 154-8 PN/DP CPUは、PROFINET IO(最大128IOデバイス接続可)、PROFINET CBA、およびPROFIBUS DP(マスターとして最大124スレーブ接続可)に対応しています。IM 154-8 PN/DP CPUは、S7-300 CPUとプログラム互換だけでなくデータの高い保持性能(電圧不良に対する保護)があります。マイクロメモリカードによりモジュールは簡単に交換できます。ファームウェアもネットワーク経由で更新できます。

更に、イーサネット経由でウェブサーバ機能に対応しています。オープンなイーサネット通信(TCP/IP、UDP、ISO-on-TCP)により信頼性を持った高速データ交換が可能です。

PROFIBUS上での同期モード(アイソクロノスモード)が可能です。構成、立上げ、診断、稼働を工場区分毎に個別に行えるため、メインコントローラの負荷を低減します。

技術データ

IM 154-8 PN/DP CPU

PROFIBUS

x

PROFINET

x

通信レート

100 Mbit/s

2ポートスイッチ

x

CPU機能

x

M12 7/8”による接続

x

RJ45による接続

x


このページの情報はお役に立ちましたか?