効率的なオートメーションは効率的なエンジニアリングから始まります。

効率化による生産性向上

効率化と生産性は製造業において極めて重要な成功要因であり、とくに複雑な機械やプラントにおけるエンジニアリングは、その中で中心的な役割を担います。したがって、よりよい生産への第一歩として、設計段階で高度な効率性が求められます:より迅速に、より柔軟に、よりインテリジェントに。
シーメンスはインテリジェントな答えを持ち合わせています:それはTotally Integrated Automation(TIA)です。


Making things right with Totally Integrated Automation ~ TIAによる”ものづくり”

TIAはシーメンスが提供するすべての制御機器の効率的な相互運用性を実現するコンセプトです。オープンシステムアーキテクチャは全生産工程をカバーし、
一貫性のある共通の特徴をベースにしています:一貫性のあるデータ管理、グローバル標準、画一的なハードウェアおよびソフトウェアのインターフェース。これらの共通の特徴は設計時間を最小限に短縮します。
その結果:コストの削減、市場投入までの時間の短縮、生産の柔軟性を向上することができます。

TIAはオートメーションのすべての工程で付加価値を生み出します。

TIA Overview

TIAコンセプト概要

すべての制御機器が効率的に連携して"ものづくり"の基盤を築きます:より迅速に、より正確に、より柔軟に。


Integrated Engineering

統合エンジニアリング

時間、コスト、労力の削減 - 生産プロセス全工程で一貫性のあるエンジニアリングによって 


Industrial Data Management

産業データマネジメント

最高級の意思決定力によりプラントオペレーションの経済性の最大化 - 稼働中に必要なデータは全てリアルタイムに収集/分析



Industrial Communication

産業データ通信

無制限で一貫性のあるデータ通信がすべての階層において透明性を最大化する - 異なる国やベンダーを越えた標準規格により


Industrial Security

制御セキュリティ

プラントや製造設備への攻撃の危険性をシステム的に最小限に抑制します - 制御セキュリティのメカニズムを確実に活用することによって


Safety Integrated

安全統合

制御機器へのセーフティ統合 - 人、装置、環境への信頼できるプロテクション






このページの情報はお役に立ちましたか?