プラントステータスを安全保護するためのコンデンサ付きSITOP DC UPS

 

プラントのシャットダウンが避けられない場合、PCベースのオートメーション、ビジュアライゼーション、動作データのアーカイブなどのアプリケーションは特に長時間のブリッジ時間が必要です。障害のロギング、プラントステータスデータの保存、PCの制御されたシャットダウンなどは、数分間のバッファリング時間が必要です。

大容量の電気二重層コンデンサを搭載したSITOP DC UPSは、PCベースのシステムを安全にシャットダウンするために十分な電力を蓄えています。

SITOP UPS500Sを使用した構成: プロセスデータを保存してPCを正常終了させるまで電源(24V)を供給します。アクチュエータは、UPSの負担を軽減するために電源から直接給電されます。

利点の概要

  • 負荷電流とDC UPSの構成に応じた数分間のブリッジ

  • 完全にメンテナンス不要の電気二重層コンデンサ

  • 高速充電時間

  • 周囲温度が高い場合でも長いサービス寿命

  • 取り付け場所に換気が不要

  • 制御盤の外部で使用するためのIP65タイプ

  • ソフトウェアツール (英語)を使用した簡単なPCへの組み込み

  • PC通信用USBポート

以下に、個々のコンデンサ付きDC UPSの詳細情報を示します。
SITOP Selection Tool (英語)も正しいDC UPS構成の選択をサポートします。

このページの情報はお役に立ちましたか?