MindSphereの詳細

モノのインターネット(IoT)

モノのインターネット(IoT)では、何十億というデバイスが固有のアドレスを持ち、クラウドにデータを送信し、アプリケーションによって処理、管理および制御することができます。世界中でコンピュータの小型化、センサーの低価格化、ユビキタスネットワーキング、「スマート」デバイスの可用性が進んでいるため、製造からフィットネストラッカー、さらにスマートホームからスマートファーミングまで、IoTアプリケーションの領域が拡大しつつあります。

シーメンスは、製造の自動制御ソリューション、鉄道管理、交通管制、および分散型エネルギー供給システムなどの分野でのハードウェアとソフトウェアの統合において大きな実績を誇ります。これらは、監視と制御が必要な複雑なシステムで、主要インフラを使い膨大なデータセットを扱うことが多い現実およびデジタル、両方の世界のコンポーネントで構成されるシステムが含まれます。お客様は、安全性、信頼性、耐久性、およびデータ保護に大きな期待を寄せ、デジタル化するメリットによって、既存のシステムを損なうことなく、既存の設備を強化することを望んでいます。

この理由から、シーメンスは産業用途のモノのインターネットのコンセプトをより細分化し、拡張しました。このアプローチでは、シーメンス製のデバイスおよび機械とそのシステムの相互作用が、デジタルネットワークで接続された産業構造の中心となります。

シーメンスは、多くのプロジェクトでこのアプローチを使います。以下のような例があります。

  • ドイツのハンブルグ、スウェーデンのエーテボリおよびストックホルムで稼働する電気バスの充電システム。バス車内の電子機器、高速充電ステーション、およびパンタグラフのすべてがWeb経由で通信し、充電プロセスをコーディネートします。

  • 漏れを検知し、ポンプのエネルギー消費を最小化するのに役立つスマートセンサーネットワークを使用したロシアのサンクトペテルブルクの水道ネットワーク。その最大の特徴は、既存の制御システムの統合です。

  • オーストリアのウィーンのアスペルンで実現されたスマートグリッドの一部、新型のインテリジェントなトランス


モノのインターネット(IoT)は、シーメンスのデジタル化戦略の基礎です。それは、技術的には実現可能で、このアプローチは転送可能であるため、シーメンスと各産業のお客様に新たなビジネスチャンスをもたらします。

デジタル化

世界がさらに接続される中、デジタル化(デジタルテクノロジーを使用した事業運営の変革)は、企業が競争力を維持するための主要な差別化要因です。デジタル化は、コスト削減、生産品質、柔軟性、および効率の向上、お客様の要望および市場の需要への応答時間の短縮を約束するとともに、新規の革新的なビジネスチャンスを拓きます。

デジタルエンタープライズは、既に現実となっており、企業はデジタル化によって利点とチャンスを追求しています。これには、バリューチェーンのビッグデータをシームレスに統合する必要があります。Industrie 4.0やモノのインターネット(IoT)などのイニシアティブは、膨大な量のデータを生成する何十億ものインテリジェントデバイスによって推進されています。このデータを価値に転換することが、重大な成功要因です。シーメンスは、当社の事業全体を通して、デジタル化によってこのような課題に取り組んでいます。

デジタル化はシーメンスの事業全体を強化します。


デジタル化は、すべての業界で、すべてを変革します。コンピュータ、IoT、およびその他のテクノロジーの劇的な進歩によって、企業はリアルタイムでビッグデータを収集して分析し、事業意志決定を促進する実用的な情報を得ることができます。

デジタル化は、将来的に企業が競争力を維持するための主要な差別化要因です。これは、小規模な事業にも、主要な世界規模の企業にも該当します。革新サイクルがますます短縮しているため、産業企業は開発および生産期間を短縮する必要があります。分析がエンジンであり、データが燃料であるため、これを行うにはバリューチェーンのデータをシームレスに統合する必要があります。デジタル化によってもたらされたチャンスを活用することで、お客様の要求により迅速かつ柔軟に対応でき、大きな市場メリットを得ることができます。

シーメンスは、当社のお客様のバリューチェーン全体で価値を創造します。


シーメンスは、当社のお客様の世界を単に表面的に理解しているだけではありません。なぜなら、シーメンスも世界的な製造企業だからです。シーメンスは、自社の経験から、お客様がどのようにしてより大きな柔軟性、最大の効率、および最高の品質で製品を市場により迅速に投入できるかを知っています。つまり、シーメンスは、製品開発の仮想世界を現実世界の製造と結合する豊富な経験を持っています。

世界各国で導入されたシーメンスの数百万のデバイスベース(オートメーションシステム3000万台、契約スマートメーター7000万台、接続型製品8億台)によって、シーメンスとパートナーは、MindSphereを使って高い価値のアプリケーションを開発でき、また、深い業界知識と経験によってデジタルサービスを提供できます。


接続型のシーメンスのデバイスに加え、お客様はシーメンスのソフトウェアを使って、ハイテク電子機器、民生製品、自動車産業、航空宇宙産業、およびその他多くの産業でIoT対応製品を設計、シミュレーション、生産しています。1500万件のライセンスが供与されたシート、および世界各地に14万以上のお客様を有するPLMおよびMOM(製造工程管理)ソフトウェア、システムおよびサービスの世界をリードするプロバイダとして、シーメンスのような完全なクローズドループの革新を推進できるIoTプロバイダは他にありません。

MindSphere

MindSphereは、シーメンスのクラウドベースのオープンIoTオペレーティングシステムで、現実のモノをデジタルの世界に接続し、パワフルな産業アプリケーションとデジタルサービスで事業を成功に導きます。MindSphereのオープンなサービスとしてのプラットフォーム(PaaS)は、新たなアプリケーションを実現し、提供する濃密なパートナーエコシステムを実現します。

生産的な事業業績を実現するためのデジタル化およびIoTデータの変革が、MindSphereの主な目的です。MindSphereで構築された価値ある産業ベースのアプリケーションは、実績のあるソリューションをベースにした測定可能な結果とデジタルサービスを実現します。さらに、企業はMindSphereを活用して、製品のコンセプト化、実現および活用を通してループをクローズし、バリューチェーン全体の運用データをシームレスに統合することができます。このとき、運用効率を高めるだけでなく、シミュレーションおよびテスト結果を現実世界の結果と比較します。

このホワイトペーパーは、以下の4つの主要な分野でのMindSphereの機能と利点を説明します。

  • 現実のモノをデジタル世界に迅速かつ簡単に接続

  • オープンなサービスとしてのプラットフォーム(PaaS)を使用した、強力なパートナーエコシステムの構築

  • パワフルなドメイン専用産業用アプリケーション、およびデジタルサービスによる事業の成功の推進

  • 完全なデジタルツインによる比類ないクローズドループイノベーションの実現

包括的なデジタル化戦略の一部として、MindSphereは問題解決のための新たな方法を提供し、企業が革新的な新たなビジネスモデルを創出することを可能にします。

このページの情報はお役に立ちましたか?