専用回線およびダイヤルアップネットワーク用モデム

産業環境での使用

概要

モデムは、通常個々のプロセスステーションと遠隔制御センター間の信号およびデータの有線での伝送に使用されます。シーメンスは、使用用途に合った専用回線およびダイヤルアップネットワーク用モデムを提供できます。

  • MD2モデムは、銅線専用回線での使用をサポートしています。

  • MD3は、アナログ電話網またはより高いデータ転送速度を有する専用回線への接続が可能です。

  • MD720は、RS232インターフェースを持つGSM/GPRS携帯電話モデムで、54kbit/s(下り)および27kbit/s(アップリンク)までのデータレートをサポートしています。


詳細

モデムは遠隔制御で使用するために最適化されていますが、専用回線またはダイヤルアップモデムとして独立して使用することもできます。

TeleControl Professionalの場合、モデムはTIMモジュールのシリアルモデムインターフェースに接続されています。

専用線モデムMD2は、厳しい環境条件で使用するためのSIPLUS extremeでも利用可能です。

利点

専用回線またはダイヤルアップモデム:

  • 電源とシリアルインターフェース間の電気的分離

  • レンジ増幅のための内蔵リピーター機能

  • 無線デバイスとモデム入力の接続が可能


SM/GPRS携帯電話モデム:

  • SMS送信

  • グローバルで使用可能なクワッドバンド技術
    (各国の規定を遵守!)

  • リモートサービスおよびリモートプログラミングによるコスト削減

  • 常時接続可能な無線オンライン接続による低運用コスト(GPRSモード)

  • 暗号化されたデータ送信に加えて、GPRSプロバイダーの追加による、公共ネットワーク経由での安全な接続(GPRSモード)


このページの情報はお役に立ちましたか?