セキュリティモジュール - SCALANCE S

産業オートメーション用の特別な設計

概要

SCALANCE Sファミリのセキュリティモジュールは、オートメーションで使用するために特別に提供されており、さらにオフィスやITの世界のセキュリティ構造でシームレスに接続することが可能です。また、セキュリティを提供し、既存システムの簡単なアップグレード、簡単なインストール、および障害が発生した場合のダウンタイムを最小限に抑えるなどのオートメーションの特殊な要件を満たします。セキュリティ要件に応じて、様々なセキュリティ対策を組み合わせることができます。

詳細


SCALANCE S602

  • 不正アクセスからネットワークセグメントを保護するために、ステートフルインスペクションファイアウォールを使用

  • 動的にIPアドレスを引き継ぐ個別(代替を含む)のデバイス保護のためのゴーストモード

  • 10/100/1000 Mbit/sポート接続



SCALANCE S612

  • 不正アクセスからネットワークセグメントを保護するために、ステートフルインスペクションファイアウォールを使用

  • 同時に最大128 VPNトンネルを動作可能

  • 10/100/1000 Mbit/sポート接続



SCALANCE S615

  • 不正アクセスに対する保護やファイアウォールと仮想プライベートネットワークによるデータトラフィック(IPsecおよびOpenVPN)

  • セキュリティゾーンおよびセキュリティゾーン間のファイアウォールルールを自由に設定するために使用される、ポートベースVLAN(仮想ローカルエリアネットワーク)ごとの最大5つの可変セキュリティゾーン

  • Webベース管理(WBM)、コマンドラインインターフェース(CLI)、およびSNMP(Simple Network Management Protocol)による各種設定、管理、および診断オプション

  • トンネル接続での制御が確立されたデジタル入力(DI)でのキースイッチ機能

  • SINEMAリモートコネクトへの接続の簡易設定のための自動設定インターフェース



SCALANCE S623

SCALANCE S612に加えて以下の機能が含まれます

  • 例えばリモートメンテナンスモデム、ノートPC、または追加のネットワークからの安全な接続のためのDMZポート(DMZ:「非武装地帯」)。黄色のポートは赤と緑のポートからファイアウォールで保護されており、VPNを終了することができます。

  • 黄色のポート経由で、ルーターとファイアウォールの冗長性と冗長デバイスのスタンバイリンクによる自動化セルの冗長保護



SCALANCE S627-2M

SCALANCE S623に加えて以下の機能が含まれます

  • 黄色のポート経由で、ルーターとファイアウォールの冗長性と冗長デバイスのスタンバイモードによる自動化セルの冗長保護。黄色のポート間の同期ケーブルによるファイアウォールのステータスマッチング

  • リング構造に直接統合するための各2ポートメディアモジュール用の2つの追加スロット(SCALANCE X-300参照)、およびモジュールごとに赤と緑2つの追加の切り換えポートを備えたFOネットワーク

  • メディアモジュールMM992-2VD(可変距離)を使用して、長いケーブルをブリッジするか既存の2線式ケーブル(例、PROFIBUS)を使用可能


適用例

SCALANCE Sによるセルの保護およびセキュアなリモートアクセス

  • media title1
  • media title2
  • media title3
  • media title4
  • media title5

    このページの情報はお役に立ちましたか?