豊富なインターフェースを備えた通信モジュール

コミッショニング期間の短縮と診断機能

概要

Communication Modules for the Most Varied Interfaces

RFIDシステムまたはコードリーダーシステムどちらもSIMATIC PLC、PC、または他社製PLCとの接続に必要な通信モジュールを用意しています。通信モジュールは、製造工程や物流アプリケーション両方に使用することができます。また、すべてのRFIDシステムやコードリーダーであるSIMATIC MV420/MV440は、共通のファンクションブロックFC/FB 45を利用する事が可能です。これにより、他のタイプのリーダーに変更した場合でも、既存のアプリケーションを大きく変更する必要が無いので、すぐに動作させる事ができます。


メリット

  • SIMATIC(TIA)に最適統合化
    - ASM 456、PROFIBUS DP-V1用
    - RF160C、PROFIBUS DP-V0用
    - RF180C、PROFINET用
    - RF182C、Ethernet TCP/IP用
    - RF170C、distributed I/O ET 200pro用
    - RF120C、SIMATIC S7-1200用
    - ASM 475、SIMATIC S7-300およびET 200M用

  • アプリケーションへの接続のための各種コネクタ(例、M12、RJ45、ECOFAST)

  • 総合的な診断機能

  • SIMATIC Manager経由のファームウェアアップデート

  • SIMATIC PLCで共通利用できるプログラミング

  • 「Identification & Maintenance」機能によるRFIDデバイス簡単集中管理

  • RFID標準プロファイルサポートによるPCおよび他社製PLCとのRFIDシステムの接続

  • TIAポータルとの統合 - 提供している標準ライブラリを介してTIAポータルのS7プログラミングに、RFIDまたはコードリーダー(オプション)を通信モジュールを通じて統合


このページの情報はお役に立ちましたか?