SIMATIC WinCC オプション

WinCC基本システムの拡張

WinCCオプションはモジュラー拡張し、自由に組み合わせてWinCCシステムを様々に拡張することができます。
WinCCオプションのパッケージは、WinCC Developmentのコンテキスト内に作成されます。
WinCCオプションは、WinCCの基本的なソフトウェアとして技術アドバイスサービスおよび中央ホットラインによりサポートされています。
SIMATIC WinCCをお客様のニーズに合わせてください。

システム拡張のためのオプション

WinCC/Server

最大32台のクライアントに、複数のユーザーソリューションを提供します。アプリケーションは最大12台のWinCCサーバに機能または工場セグメントごとに分散させることができます。

 

WinCC/Central Archive Server

Microsoft SQL Server 2005に基づき、最大120,000のアーカイブタグを備える拡張性のある中央プロセスデータアーカイブを設定します。

 

WinCC/Web Navigator

WinCC プロジェクトに何の変更も加えずに、インターネット/イントラネットを介して工場をオペレーションおよびモニタリングするためのオプションを提供します。Thin Client ソリューションを使用すると、PC に加えWindows CE に基づいて信頼性の高いローカル機器およびモバイルPDA を使用できます。

 

WinCC/TeleControl

工場全体の中央プロセスビジュアライゼーションシステムに、WAN(ワイドエリアネットワーク)を介してSIMATICオートメーション機能を装備するリモート端末を柔軟に統合します。


可用性の向上

WinCC/Redundancy

互いをモニタリングする二重化WinCC ステーションまたはサーバーによりデータの一貫性が保証されます。サーバ故障時、クライアントから稼働中のサーバへ自動切り替えを行うことにより、監視および操作の継続を可能にします。

 

WinCC/ProAgent

プロセスビジュアライゼーションシステムに診断機能を追加します。SIMATIC のプロセス診断機能に完全に統合され、SIMATIC S7-300およびS7-400を最適化します。

 

Plant Intelligenceのためのオプション

WinCC/DataMonitor

最新のプロセスデータステータスおよび履歴データを表示また評価します。どのオフィスPCにもインターネットの使用が可能な標準ツールです。

 

WinCC/Connectivity Pack およびWinCC/Connectivity Station

他のアプリケーションは、OPC HDA またはOLE-DB を介してWinCC アーカイブの履歴データへアクセスすることができ、OPC A&E を介してメッセージを伝送/受信します。

 

WinCC/IndustrialDataBridge

設定可能な標準的ソフトウェアを使用し、OLE-DB およびOPC DA を介して、外部データベース、オフィスアプリケーション、およびIT システム相互のリンクをサポートします。

 

WinCC/DowntimeMonitor

マシンまたはラインを利用した製造設備のダウンタイムを取得して分析し、このデータから、Key PerformanceIndicators(KPI:重要業績評価指標)と呼ばれる工場固有のパラメータを抽出します。


SCADAの拡張

WinCC/User Archives

ユーザアーカイブの使用をサポートし、それによりデータをデータレコードの形で保存し、WinCC とコントローラ(例、SIMATIC S7 PLC)間でレシピとしてデータ交換することができます。

 

WinCC/Calendar SchedulerおよびWinCC/Event Notifier

共通カレンダーコントロールはスケジュールプランニングまたは有効期間をサポートします。Event NotifierはWinCCメッセージシステムのイベント時にメッセージを送信します。


エネルギー管理オプション

WinCC/SIMATIC powerrate

切込から負荷のエネルギー消費量の透明性を確実にします。エネルギーに関するデータは継続的に収集、アーカイブ、処理されます。

 

WinCC/B.Data

WinCC/B.Dataは、コントロール、プランニング、エネルギー調達の分野でコストメリットの高い、最適化されたエネルギー管理を可能にします。


承認およびトラッキング

WinCC/Audit

Audit TrailsおよびProject Versioning は、オペレータの動作記録、構成変更のモニタリング、および製造プロセスのトラッキングを行います。

 

WinCC/ChangeControl

WinCC/Auditの一部として、プロジェクトのバージョン管理、ドキュメント管理を含むプロジェクト変更のトラッキングを行います。


システム拡張

WinCC/IndustrialX

ActiveX 技術を利用して、プロセスビジュアライゼーションのユーザ固有のオブジェクトを構築できます。

 

WinCC/ODK (Open Development Kit)

オープンプログラミングインターフェース(C-API)を利用し、WinCC 構成ならびにランタイムシステムのデータおよび機能にアクセスすることができます。


このページの情報はお役に立ちましたか?