SIMATIC WinCC(TIA Portal)のオプション

個々に適したランタイム機能

概要

SIMATICパネルとPCベースHMIソリューションのWinCC Runtime AdvancedとWinCC Runtime Professionalはマシンと工場のオペレーションおよび監視のあらゆる重要な機能を持ち合わせています。追加オプションによって機能を補完し、拡張したタスクの範囲に対応します。

オプションと対象のシステム

オプション

Panel Runtimeに含まれる

オプションでPanelに使用可

WinCC Runtime Advanced

WinCC Runtime Professional

WinCC Logging 

-

1)

WinCC Recipes

-

WinCC Audit

-

-

SIMATIC Logon

-2)

WinCC Sm@rt Server

-

WinCC Client

-

-

WinCC Server

-

-

WinCC WebNavigator

-

-

WinCC
DataMonitor

-

-

WinCC Redundancy

-

-

-

1)500ロギングタグはWinCC Runtime Professionalのオプションです。

2)SIMATIC Logonの機能はWinCC Runtime Professionalのオプションです。

Runtimeオプションに加えて、WinCC Runtime AdvancedおよびWinCC Runtime Professionalは、カスタマイズされた制御によって拡張することができます。WinCC Control Developmentのオプションはコントロールの開発に必要とされます。

 

利用可能なオプションについての概要

WinCC Logging

プロセスデータとアラームのロギング用です。

 

WinCC Recipes

接続される機械や生産のデータが格納されるデータレコードをを管理します。たとえばデータレコードの内容を操作パネルからコントローラに転送し、別の製品の生産に切り替えることができます。

 

WinCC Audit

容易な検証が必要なアプリケーションでは、WinCC Autitを使うことによってGMP(適正製造基準)に関する機能を簡単に設定できます。必要な重要機能はすでにデフォルト設定されています。またGMPに関連したすべてのタグ変更と、オペレータ入力をAudit Trail (監査追跡記録)に記録できるほか、法的要求事項にも容易に準拠できます。

 

WinCC Sm@rtServer

産業用イーサーネットおよびイントラネット/インターネットによる現地オペレータ機器の遠隔制御・診断・保守およびSIMATIC HMIシステムの監視を可能にします。

 

WinCC Server / WinCC Client

WinCCサーバーとWinCCクライアントによって、複数のオペレータ機器と監視ステーションを連携させ、ネットワーク接続されたオートメーションシステムとともに動作させることができます。

 

WinCC WebNavigator

WinCC WebNavigatorにより、WinCCプロジェクトの変更なしで、インターネットまたは企業のイントラネットあるいはLANを介して工場のタスクを稼動し監視することができます。

 

WinCC DataMonitor

WinCC DataMonitor を使用して、プロセスデータベースの現在のプロセス状態、ヒストリカルデータおよびアラームを表示、分析、評価、および分配できます。

 

WinCC Redundancy

2台PC間でランタイムデータ(アラーム、ロギング、レシピ)の同期を行います。1台のPCが停止、再起動した場合、停止期間中のデータ同期も自動で行います。

このページの情報はお役に立ちましたか?