SIMATIC HMI KTP400 Comfort

TFTカラーワイドスクリーンディスプレイ、4つの追加ファンクションキー付き4インチ型タッチパネル

概要

SIMATIC HMIコンフォートパネルシリーズの全デバイスは、デバイスのサイズにかかわらず同一の優れた性能を提供します。すべてのデバイスは高解像度のフルカラー1600万色表示ワイドディスプレイ、広い視野角、0~100%から調整可能なバックライト輝度を実装し、非常に狭い条件下のHMIアプリケーションに最高の性能を実現します。

適用範囲

SIMATIC HMIコンフォートパネルは、PROFIBUSとPROFINET環境での高度なHMIタスクに適した高性能HMIデバイス です。追加のハウジングなしで、ExZone2危険エリアでも使用可能です。

KTP400のコンパクトなデザインは、機能性を妥協することなく非常に狭いスペースでの使用を可能にします。KTP400コンフォートは、4インチ型TP177の後継製品です。

利点

  • アーカイブ、スクリプト、PDF / Word / Excelビューア、Internet Explorer、メディアプレーヤーなどハイエンド機能搭載

  • PROFIenergyプロファイルの標準化により、短い休憩時間にもデバイスのシャットダウンが可能

  • 瞬停時にもデータを保護(SIMATIC HMI SDカード使用時)

  • 第二SDカードによる自動バックアップ

  • メンテナンスフリーな設計と耐用年数の長いバックライト(MTBF 80,000時間)


デザインと機能

高性能なデバイスは更新時間の短縮を実現し、オペレーターは最新のプラント状態へ迅速に対応することができます。全SIMATIC HMIコンフォートパネルはPROFINETとPROFIBUSネットワークと、USB接続用のインターフェースを備えています。

新SIMATIC HMIコンフォートパネルのLEDバックライトは最大100%まで調光可能で、消費電力を抑えるだけでなく、それぞれのアプリケーションに合わせてディスプレイの輝度を調整することができます。これは特に海洋アプリケーションなどにおいて重要です。更に、PROFIenergyプロトコルの標準化によって電力消費量を減らすことができ、不要な負荷を抑えつつ、エネルギーの測定値を記録することが可能となります。また、短い休憩時間に電源をオフにして節電に貢献できます。

コンフォートパネルは、2種のSDカードによって追加の無停電電源装置(UPS)なしでゼロ電圧に対して完全なセキュリティーを実現します。これにより瞬停時に内部メモリデータだけでなく、アーカイブとレシピの保護も可能になります。

新機能としてSIMATICコントローラに接続してシステム診断を行います。診断情報はSIMATIC HMIコンフォートパネルにより表示することができます。プロジェクトはPROFINET、PROFIBUSまたは標準USBケーブルによって読み込みます。全てのデバイス設定は、構成中に実行されるためデバイス上で追加設定を行う必要がなく、テスト手順を簡素化します。すべてのデータはデバイスのシステムカードに保存され、複雑でないプロジェクトの転送に使用できます。

テクニカルデータ

ディスプレイ

4.3インチTFTワイドスクリーンディスプレイ、フルカラー1600万色

解像度

480 x 272ピクセル

コントロールエレメント

タッチパネル、LED付き4種ファンクションキー

ユーザーメモリ

4 MB

インターフェース

1 x RJ 45PROFINET用イーサーネット

1 x RS 485/422 PROFIBUS/MPI用

1 x USB-ホスト, 1 x USB- デバイス

2 x SD カードスロット

保護等級

IP 65, NEMA 4x (設置時前面) / IP 20 背面

カット寸法

122 x 98 mm (幅 x 高さ)

前面パネル

140 x 116 mm (幅 x 高さ)

デバイスの奥行き

48 mm

開発ソフト

WinCC Comfort (TIA Portal) 以上

外形寸法図


このページの情報はお役に立ちましたか?