SIMATIC HMI KP1200 Comfort

TFTカラーワイドスクリーンディスプレイ12インチ型キーパネル

概要

SIMATIC HMIコンフォートパネルシリーズの全デバイスは、デバイスのサイズにかかわらず同一の優れた性能を提供します。すべてのデバイスは高解像度のフルカラー1600万色表示ワイドディスプレイ、広い視野角、0~100%から調整可能なバックライト輝度を実現しています。

KP1200はPCと同等の高解像度、高度なパフォーマンス、およびキー操作が必要なHMIアプリケーションに対応します。

適応範囲

SIMATIC HMIコンフォートパネルはPROFIBUSとPROFINET環境での高度なHMIタスクに適した高性能HMIデバイス です。パネルは追加のハウジングなしで、ExZone2危険エリアでも使用可能です。

TP1200 コンフォートは10インチ型キー操作マルチパネルMP277の後継製品です。22%増えた表示領域と、高解像度、優れたパフォーマンスを提供します。

利点

  • アーカイブ、スクリプト、PDF / Word / Excelビューア、Internet Explorer、メディアプレーヤーなどハイエンド機能搭載

  • PROFIenergyプロファイルの標準化により、短い休憩時間にもデバイスのシャットダウンが可能

  • 瞬停時にもデータを保護(SIMATIC HMI SDカード使用時)

  • 第二SDカードによる自動バックアップ

  • メンテナンスフリーな設計と耐用年数の長いバックライト(MTBF 80,000時間)


デザインと機能

高性能なデバイスは更新時間を短縮し、オペレーターが最新のプラント状態に迅速に対応することを可能にします。全SIMATIC HMIコンフォートパネルはPROFINETとPROFIBUSネットワークと、USB接続用のインターフェースを備えています。

新SIMATIC HMIコンフォートパネルのLEDバックライトは最大100%まで調光可能で、消費電力を抑えるだけでなく、それぞれのアプリケーションに合わせてディスプレイの輝度を調整することができます。これは特に海洋アプリケーションなどにおいて重要です。更に、PROFIenergyプロトコルの標準化によって電力消費量を減らすことができ、不要な負荷をシャットダウンしてエネルギーの測定値を記録することが可能になります。SIMATIC HMIコンフォートパネルのディスプレイによって、例えば節電のために短い休憩時間に電源をオフにすることができます。

コンフォートパネルは2つのSDカードによって追加の無停電電源装置(UPS)なしでゼロ電圧に対して完全なセキュリティーを実現します。これにより瞬停時に内部メモリデータだけでなく、アーカイブとレシピの保護も可能にします。

新機能としてSIMATICコントローラに接続してシステム診断を行います。診断情報はSIMATIC HMIコンフォートパネルによって表示することができます。プロジェクトはPROFINET、PROFIBUSまたは標準USBケーブルによって読み込みます。全てのデバイス設定は構成中に実行されるため、デバイス上で追加設定を行う必要がなく、テストの手順を簡素化します。すべてのデータはデバイスのシステムカードに保存され、複雑でないプロジェクトの転送に使用できます。

キーパネルの操作パネルのレイアウトは、携帯電話のキーパッドに対応しているので、直感的で高速なデータ入力を可能にします。すべてのファンクションキーはLEDイルミネーションが付いていて、キー上の信号は操作ガイダンスになります。

7インチ型以上のコンフォートパネルは長寿命の鋳造アルミニウム筐体を使用しています。

テクニカルデータ

ディスプレイ

12.1インチ TFTワイドスクリーンディスプレイ、フルカラー1600万色

解像度

1280 x 800ピクセル

コントロールエレメント

メンブレンキーボード (28キー), 34種ファンクションキー( LED)

ユーザーメモリ

12 MB

インターフェース

1 x RJ 45 PROFINET用イーサーネット (スイッチ搭載)

1 x RS 485/422 PROFIBUS/MPI用

2 x USB-ホスト、1 x USB-ドライブ

2 x SD カードスロット

保護等級

IP 65, NEMA 4x (設置時前面) / IP 20 背面

カット寸法

434 x 268 mm (幅 x 高さ)

前面パネル

454 x 289 mm (幅 x 高さ)

デバイスの奥行き

63 mm

開発ソフト

WinCC Comfort (TIA Portal) 以上

外形寸法図


このページの情報はお役に立ちましたか?