SM 1281 S7-1200ベースの予兆保全

S7-1200ベースの予兆保全

SIMATIC S7 1200ベースのコンディションモニタリングシステムは、機械部品の状態を様々な視点から監視します。それは予知保全のための基礎を作成します。ユーザーは、差し迫った故障に迅速に対応でき、工場の稼働停止を未然に防ぐことができます。オペレータへの表示、アラームはS7-1200 PLCで自由にプログラミングできます。

様々な視点で予兆診断

  • S7-1200はアナログ/温度センサーモジュール/IO-Linkなど機能拡張可能

  • 振動、温度、電流値から包括的に診断

  • 様々な通信タイプをサポート。既存の制御システムに接続可能




SM 1281コンディションモニタリング

SM 1281は、S7-1200 CPUに接続できる振動解析モジュールです。1つのCPUに最大7モジュール設置することができ、28個の振動センサーを接続することができます。記録されたデータはSM 1281の内部で解析され保存されます。解析結果はSM 1281内蔵のWebサーバで確認できます。

特長

  • 実行値ベース診断

  • 周波数解析診断

  • ローデータのエクスポート

  • PLCとの接続

  • Webサーバによる表示


接続

  • 4つの振動センサー

  • 1速度入力

  • イーサネット

  • 24Vセンサー電源


拡張

7モジュールまで接続可能(S7-1200 CPUの種類による)


SM 1281機能とネットワーク

実行値分析

RMS値:振動速度vRMS / 振動加速度aRMS
上下限リミットからアラームを表示 例)シグナルコラム、HMI

周波数解析(FFT)

振動速度/振動加速度/エンベロープスペクトルから分析
振動/不具合箇所の特定

Webサーバ

現在値、スペクトル、実行値トレンドテキストメッセージを表示
追加ソフトウェア必要なく分析が可能

拡張可能な通信機能

S7-1200通信機能で既存システムと接続

ネットワーク分離も可能

保全エンジニアと制御エンジニアなどタスクの異なるネットワーク分離が可能


SM 1281エンジニアリング

  • モジュール設定はS7-1200 CPUで行います

  • 各モジュール および各センサーチャンネルのファンクションブロックでパラメータ設定や現在値モニタリングが可能

  • 取得した現在値をHMIに表示したり、アラーム表示プログラムをラダーで作成することができます


SM 1281の診断


SM 1281製品情報

基本情報

SM 1281

機械的監視

モータ、ファン、ポンプ、etc

メモリ

800MB データレコード用:

・ローデータ(max. 30レコード、それぞれ90秒)

・トレンドカーブ(10年)

・スペクトルスナップショット(max. 100)

ローデータエクスポート

WAVファイル外部解析ツールで解析(例CMS X-Tool)、WebサーバもしくはFTPでダウンロード

センサー取り付け最大数/センサータイプ

4振動加速センサー(IEPE)、1スピードセンサー

通信機能

PROFINET/イーサネット(S7-1200)、イーサネット(SM-1281)

測定入力

SM 1281

振動加速度

チャンネル数

4

入力仕様

IEPE

周波数バンド

0.05Hz - 10kHz

最大周波数スキャン

46kHZ

作動原理

4チャンネル同期処理

最大ケーブル長

30m

スピード

測定チャンネル

1デジタルインプット、*CPUからもバックプレーンパス経由で入力可能

入力信号

・24V DCパルスインプット

・対パルス分解能はTIAポータルで設定可能

・最大16000パルス/min

・最大パルス幅50us

最大スキャン周波数

46kHz


このページの情報はお役に立ちましたか?