SIMATIC ET 200SP - システム概要

SIMATIC ET 200SP : 新世代のリモートI/O

SIMATIC ET 200SPは、多数のモジュールを装着でき、柔軟性の高いリモートI/Oです。 PROFIBUSもしくはPROFINETのインターフェースモジュールを介してコントローラに接続します。 SIMATIC ET 200SPはDINレール取り付けで、以下のモジュールで構成されます。

  • インターフェースモジュール

PROFINET IO、もしくはPROFIBUSに対応したコントローラと通信を行います。

  • I/Oモジュール

ベースユニットに装着し、最大64モジュールまで自由に組み合わせることができます。

  • サーバーモジュール

SIMATIC ET 200SPのモジュールの最右端に装着します(インターフェースモジュール, CPUユニットに同梱)。

  このリモートI/Oは、容易に取り扱いができる上にコンパクトであるため、制御盤をコンパクトにできます。PROFINETによる高速通信と短い通信周期、およびPROFINET通信と同期したバックプレーンバスの採用により従来システムより飛躍的に性能が向上しています。 安全I/Oモジュールとして、フェールセーフ入力、出力、および電源モジュールを取り揃えていて、SIL 3/PL eまで実現できます。 SIMATIC ET 200SPは、さまざまな用途に使用できる多機能リモートI/Oシステムです。柔軟な構造により、現場の用途に合った最適なI/Oステーションを構成できます。SIMATIC ET 200SPは保護等級IP20で、制御盤内で使用するように設計されています。

利点

シンプル

コンパクト

ハイパフォーマンス




このページの情報はお役に立ちましたか?