SIMATIC ET 200SP - I/Oモジュール

ET 200SPは、I/Oモジュールを包括的に取り揃えているため、柔軟で費用を考慮した構成が行えます。デジタルIO、アナログIO、通信モジュールに加え、テクノロジーモジュールも取り揃えています。

SIMATIC ET 200SPは、他の一般的なリモート機器に比べ約50%狭くなります。高さ115mmでAUX端子を使わずに最大16チャネルをそれぞれ独立した導線で1モジュールに配線できます。3線式の配線は高さ140mmのAUX端子付きの端子台を使うことで実現できます。奥行きは75mmです。

コンパクトなサイズを維持するため電源モジュールは不要で、SIMATIC ET 200SPシステムに統合されています。ベースユニットにより電源供給グループを形成します。



電源供給グループの形成例

  • 白色ベースユニット毎に電源グループを新設(電源線を接続)

  • 灰色ベースユニットで電源グループを拡張(電源はベースユニットを介して供給されるため電源線の接続不要)

  • 1電源供給グループは最大10A

  • 1モジュールは最大2A

I/Oモジュールは、モジュールタイプを容易に識別するため、タイプ毎に四角い色コードがモジュール前面に印字されています。

  • デジタル入力モジュール(DI) 8/16チャネル, 色: 白

  • デジタル出力モジュール(DO) 4/8/16チャネル, 色: 黒

  • アナログ入力モジュール(AI) 4チャネル, 色:水色

  • アナログ出力モジュール(AO) 2/4チャネル, 色: 紺




このページの情報はお役に立ちましたか?