SIMATIC ET 200pro - インターフェースモジュール

概要

ET 200proはインターフェースモジュールを介してPROFINETもしくはPROFIBUSのネットワークに接続されます。インターフェース部と接続モジュールが分かれているため、ワイヤレス通信にも対応しています。

メリット

  • 有線もしくはワイヤレス通信

  • 統合された安全機能

  • 包括的な診断機能


デザインと機能

PROFIBUSインターフェースモジュール
PROFIBUSのインターフェースモジュール(IM)は、通信バスへの接続および電源供給のため3個の部品から構成されています。PROFIBUSの接続モジュールは、アドレス設定や終端抵抗の設定が容易に確認できます。統合されているT機能によって、部分的なスタートアップや保守が必要な場面でも中断を伴わないバス通信に対応します。

  • ケーブルの直接接続
    16Aまでの負荷、 2.5mm 2までの電線サイズに対応しています。

  • ECOFAST
    バス信号線と電源線を共通にしたハイブリッドタイプで、制御盤を使わずに分配できるSiemensの標準化された接続方法です。

  • M12、7/8”
    広く標準化されているコネクタを使った成熟した接続方法です。


PROFINETインターフェースモジュール
PROFINETのインターフェースモジュール(IM)は、2ポートスイッチを内蔵しているため、通信ケーブルのバス接続が容易に構成できます。PROFINETの採用によりIOステーション毎に多くのパラメータを持て、これによってより高機能なモジュールも使用できます。保守の際、デバイス名やパラメータはモジュールに残るため、IMはプログラミング装置を使わずに交換できます。PROFIBUSと同様に、IM 154-4 PN HFのインターフェースモジュールと接続モジュールは分離されているため、複数の接続方法が選べます。インターフェースモジュールは、M12 7/8”接続やプシュ・プル接続が選べます。

ワイヤレス通信のインターフェースモジュール
インターフェースモジュールIM 154-6 PN HF IWLAN(産業用ワイヤレスLAN)を使って、ET 200proをPROFINET IOコントローラにワイヤレスで接続できます。IM 154-6 PN HF IWLANはIWLAN通信ネットワークのアクセスポイントにIWLANクライアントとして通信できます(例: SCALANCE W)PROFINETのワイヤレス通信では、標準および安全アプリケーションの双方を組み込めます。
統合されたウェブサーバは、簡単に設定やパラメータデータにアクセスできます。最新の手続き(暗号、認証)によって高度なデータ保護が行えます。アンテナやそのケーブルは、アクセサリから選べます。


技術データ

IM 154-1 DP

IM 154-2 DP HF

IM 154-4 PN HF

IM 154-4 PN HF、SCALANCE W747

PROFIBUS

x

x

PROFINET

x

x

通信レート

12 Mbit/s

12 Mbit/s

100 Mbit/s

54 Mbit/s

2ポートスイッチ

x

x

CPU機能

フェールセーフ通信

x

x

x

M12 7/8”による接続

x

x

x

直接接続

x

x

ECOFASTによる接続

x

x

RJ45による接続

x

SCRJ FOプシュ・プル電源接続

x

ワイヤレス接続

x

IM 154-6 PN HF IWLAN

機能

ワイヤレスPROFINET通信

WLAN規格

IEEE 802.11 a/b/g/h/e/I

周波数帯域

2.4および5 GHz

通信レート

54 Mbit/s

WLANサービス

最適メディアアクセス、
非中断ワイヤレスセルスイッチ、
非混信構造


このページの情報はお役に立ちましたか?