モーション&テクノロジー

テクノロジーオブジェクトへの高速アクセス

S7-1500のモーションコントロール

SIMATIC S7-1500に内蔵されている拡張性の高い柔軟なモーション機能は、集中型または分散型接続ドライブ(アナログおよびデジタル)の制御をサポートしています。

プログラミングにはPLCopenブロックを使用できます。
モーションコントロールテクノロジーオブジェクト(TO)は、一般的な動作シーケンスのプログラミングや、これらの必要な頻度でのテストと再利用に使用できます。制御タスクに加え、コンバータとの通信やパラメータ設定も可能です。

S7-1500コントローラでサポートされているモーションコントロール機能:

  • 位置決め(絶対/相対)

  • 速度制御

  • リファレンシング

  • アブソリュートエンコーダのサポート


統合PID制御 – すべてのSIMATICコントローラ

STEP 7では、連続、不連続のパルス幅変調およびステップコントローラの生成やオートチューニングによるコミッショニングに対して、以下のファンクションを使用できます。

  • PID Compact  (S7-1200/1500)
    アナログまたはパルス幅変調出力およびオートチューニングを行う連続PIDコントローラ

  • PID 3-Step (S7-1200/1500)
    オートチューニングでアクチュエータ(バルブなど)を統合する特殊なステップコントローラ

  • PID基本ファンクション(S7-1500, S7-300/400, WinAC)
    連続/不連続制御タスク用の単純なPID文
    (CONT_C, CONT_S,…)


高速カウンタ – S7-1500コントローラ用

カウンタアプリケーションの構成、試運転、診断

以下の設定とチェック:

  • カウンタの動作と制限

  • 比較値と結果

  • 制御およびフィードバックビット

以下のような各種TM Count / TM PosInputモジュールと併用:

  • 数多くのファンクションを持つカウンタモジュール

  • オンボードDIによるカウンタファンクションの高精度制御

  • オンボードDQによるイベントへの高速応答

  • 周波数、パルス、速度の計測ファンクション

  • A、B、N相に対する24 Vカウンタ入力

  • 5 V差動信号入力(RS422) A、B、N

  • 2つまたは3つのデジタル入力と2つのデジタル出力(24V)搭載


このページの情報はお役に立ちましたか?